すごい自分にならなくていい

 

このブログを初めたほんとうに初期の頃、もはや読んでいる人がいるかすらも不明だった数ヶ月。

 

今読み返すと我の強さしか表現されていない文章をよくも堂々とさらせたなと思うけれど笑、

誰も読んでいないのだからと、ある意味ありのままを書いていた。

 

 

それは例えば他のSNSでも同じで、フォロワーが今の10分の1くらいしかいなかった頃は、純粋に“ 楽しい ”だけで動いていた気がする。

 

プロフィール写真

少しずつ読んでくれる人、見てくれる人が増えて、それはとても嬉しいことであると同時に「すごい自分にならなきゃ」「価値あることを書かなきゃ」という思いにも繋がっていった。

 

 

日常の小さなことや、ごくプライベートなことは“ 書くに値しない ”と判断し切り捨てる

自分の学びが入っていない文章は書かない

 

そうして捨ててゆくと、もはや書くことは何もなくなる 笑

 

 

これはブログが書けなくなる要因の一つだと思う。

 

額縁とはな

 

誰からいつ“すごい”を求められた?と問うた時、自分で自分の首をしめていたことに気付く。

これぞ壮大な一人芝居 笑

 

 

「楽しい」も、それから「怒り」も、文章からみんな分かってしまう

そのエネルギーは、会っていなくても伝わるものだよ

 

 

人から認められなくても、

自分の「楽しい」だけで動く

 

すごい自分になろうとしない

そもそもすごい自分だったことなんて、一度もないじゃないか!爆

 

 

そんなことを改めて

自分に言い聞かせています^^

 

それでは皆さま良い週末を!♡

 

ワークライフスタイリスト

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください